はれ、ときどき一期一会

2年目の10月を迎えました。

人生こそミステリー、それもどうかとおもうけど

お題「好きなミステリー」


そういえばこどものころから

ミステリー

すきだったのかもしれません。


小学校の図書室、るこっく小学生時代は何しろ古いのでごめんなさいよ。


もうコナン・ドイル江戸川乱歩に夢中で・・・



ええ、オペラ歌手にしたがっていた母の夢を

なんども打ち砕いたことでしょう。


オリンピックに出る体操選手になるのでは・・・

(とにかくはしりまわる、とびまわる、でもけがはしない)

とか、南極とかの探検家とか・・・

(探検家になるためにキャンプしないといけないといって家の中にテントを作った・・・)

あげくが発明家になるのでは・・・

(ドライバーでとにかく分解して組み立てるためいろんな機器が危機に・・・)

とか

ずいぶん心配していたようで・・・

おかあさん、ごめんなさい。

ほんとうにごめんなさい。

あみと虫かごを持って走り回っても

グローブとバットを持って「練習に打ち込んで」も

とにかく許容してくれたおかあさん。

どこまで大きな人だったんだろう。

ピアノの練習だけは鬼でしたけど・・・


そんな思い出のむこうからこちらまで

母はいつもありがたいものですが、


そんな推理小説ずきなこどもが

そのまま道を歩き、

アガサ・クリスティーに当たり前のようにたどり着き

その後もさらに好みのミステリーが定まってきて・・・


すきなんです。こういうのが結局すきなんです。

あつかましいけどなんか自分と重なっているんでしょう。


この主人公がすきで、どうしても気になってしまうるこっくです。


センチメンタル・シカゴ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

センチメンタル・シカゴ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

レディ・ハートブレイク (ハヤカワ・ミステリ文庫)

レディ・ハートブレイク (ハヤカワ・ミステリ文庫)

バーニング・シーズン (ハヤカワ・ミステリ文庫)

バーニング・シーズン (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ダウンタウン・シスター (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ダウンタウン・シスター (ハヤカワ・ミステリ文庫)

バースデイ・ブルー (ハヤカワ・ミステリ文庫)

バースデイ・ブルー (ハヤカワ・ミステリ文庫)