はれ、ときどき一期一会

ゆっくりかんがえてみます

そりゃまぁ容赦ない

かなしいきもちのときは

なにもしないのもひとつの方法。


そう思ったりもしますが、

早くかたづけたいのもほんとうのところ。


がんばってかたづけてきます。


ああもう、ほんとに思い詰めずに

淡々とすすめていくほかない。


それにしてもかなしいきもちは

まだ流れてきては足元の砂をさらっていきます。



砂の上を歩くのは苦手です。