読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれ、ときどき一期一会

もくもくと5月を歩く

否定しない、それぞれの道を

生理的に合わないひとがいます。

どうもきもちわるい。

会話がかみあわない。

温度ちがいすぎる。

生育、生活環境の大きな違い。



いろいろあると思っていますが。



それでも否定しないでいたい。

そのひとの生き方まで否定しないでいたい。



くだらないブログ。


読んでも意味ない。


時間の無駄。




主婦の日々のことなんてどうでもいいこと。


グダグダ言ってるひとのことばなんて刺さらない。


そこまで言われるともうぬけがらになりそう。




そんなに承認欲求根深くありません。


たぶん紙のノートに書く日記とかわらないつもりで書いていて

共感、しているひともいるかな、とか。



わたし、がんばっているのよ、認めてほしいのよ。

そうみえたらそれでもいいけど



たぶん、自分のしていること、考えていることをこうして書くことで


まとめたり、確かめたり、修正したり、推敲し続けているような気がしますから。



世の中のブログのほとんどはくだらない、と言われると

いや、それ、日記だし。いんじゃないかな。と思います。



ときどきコメントもらって、すごくうれしいですし。

この場所から遠い町のだれかのことばが、そっとしみこむことあります。

あ、こんな方も読んでくださったのか。

そう思うと、またまっすぐやっていこうって顔を上げたりして。


それぞれの道をゆくのみです。




それからいつもちらりと思うのですが、


主婦の日々のぐだぐだっていう書かれ方。あれ、いかがなものかと。

いや、主婦でなくてもぐだぐだするし。

みんなそれもおなじでしょう。

そんな日もあります。


主婦でも、主婦でなくても、こどもいても、いなくても。

ひとりのひと、なのです。主婦だからくだらない、ひまだから、

とひとくくりにしなくてもいいのよ。

えらいひとでもひまなひといるし。


このことば、苦手ですが、いわゆる「ディスる」のはひかえたほうがよろしいかと。



主婦の地位向上委員会やってるわけじゃないですが、


ひきこもりでも、ニートでも、主婦でも、スーパーコンサルタントでも、

新国立競技場の設計士も、闘う相手がちがうだけで

みんなかなり闘っているわけで。



どうしても気になって。何か月も迷ったのですが、

わたしの個人的な見解書きたくなりました。




わっけわかんない。そう思ったらいちどちょーはなれて俯瞰してみると


案外いい景色の中にひとびとが見えてきたりします。


そこに自分はどう感じて、関わっていくのか。関わらないとしてどんなスタンスか。


ほどよいひまつぶしにはなるとおもいます。


ディスるのはやめたほうがいい、


今日はクリスマスイブだし。



よいクリスマスを。