読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれ、ときどき一期一会

もくもくと5月を歩く

ラーメン食べたら、腹筋100回。

そうやってずっと

 

ラーメンと生きています。

 

遠い町で暮らしたとき、ラーメンがない。

ラーメン店がない。

あ、いやとんこつラーメン店がない。

 

もっと言えば

おいしいラーメン店がない。

そんな町だったのでつらかった。ほんとにつらくて涙が出ました。いやほんとうです。

 

せめておいしい蕎麦屋さんがあれば、救いになったでしょうけど。

なぜかその町にはそんな部分を満たすものがなかった。

まったく違う味覚を身に着けて暮らしました。

 

そこで暮らすにはその町のものを食べるのが一番。

ほんとうにそうなんですね。

流れる時間も、町の色合いも違う。

最初は苦痛で、なぜここへ越してきたのか後悔しました。

でもその町の人はみなあたたかく、おかげで元気を取り戻せました。

素直にその町で生きられたように思います。

 

そんなことをふと思う、今日は霜降

来週からはさらに寒くなり、最高気温が5度ほど下がり、

もっとラーメン食べたくなることでしょう。

 

どこへ行こうかな。ラーメンの旅は続きます。

 

 

 

 

だから「味のマルタイ」とか