読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれ、ときどき一期一会

もくもくと5月を歩く

憲法

8月15日です。

戦後70年の8月15日です。 この時期どこを見ても 日本のお盆とは戦争と向き合う日、になります。 何度も放映されている火垂るの墓。昨日そっと見ました。 実写版もありました。 何回目でしょう。見る側もおとなになり、受け止め方も変わりました。 最初はただ…

憲法もういちどよく読みます。

伊藤真の日本一わかりやすい憲法入門 作者: 伊藤真 出版社/メーカー: 中経出版 発売日: 2009/04 メディア: 単行本 クリック: 7回 この商品を含むブログ (5件) を見る すっきりしないのはしかたない。ずっともやもやします。 新聞でもネットでも本でも いろん…

国はうそをつく

すごい重たい言葉でした。 ある記事で 「国ってうそつくんだなって」 そのおふたりが言われるのがとても重かったです。 いままでにいろんな政策を打ち出して やっぱ無理、辞めるから。 やっぱ無理、足りないから。 やっぱ無理、ゆとりゆるすぎたわ。 試行錯…

戦後という時代

どんなに時間がたっても この戦後という言い方なんだろうか。 そう思ったことがあります。 いつも8月のこの時期が近づくとテレビでは特集が組まれ 学校の宿題は平和学習で。空襲の記録がある地域ならそのことも学びます。 憲法についてもきちんと触れ、戦争…